V4X ルカさんが E.V.E.C 使えと せがむので

V4X ルカさん、かわゆしす。というわけで、yukki-ts@twilight-serenade でございます。

で、まぁ、とりあえず、ルカさんがメイン張ってる歌、ということで、これを今回はサンプルに使います。

春風の通い路 (v4x luka/v3 miku)

1コーラスのみ、調声甘め、ミックスも大分甘めです。

で、まぁ、昔ながらの VOCALOID Editor 4 ユーザですので、いーべっく使おう = 母音分割 ということになるわけですが、まぁ、流石、既に、こういうプラグインがあるので、ありがたく使わせていただきます。

VOCALOID4 Editorで巡音ルカV4XのE.V.E.C.を使うjob Pluginについて:きょん☆さんのブロマガ – ブロマガ

で、VOCALOID Editor 4 ユーザですので、当然、これもセットです。

V3Sync version 2.5.0 (V4 Editor 対応) ( 楽器 ) – ありぱぱのブログ – Yahoo!ブログ

と、まぁ、ここまでの準備をした上で、ようやく、本題に入るわけですが、

・・・まぁ、なんというか、基本的に、母音分割することが原則となるので、V2 式の調声をしておけば、だいたい、それをそのまま流用できます。慣れれば、プラグインを使うまでもなく、手でやった方が早いかもです。

というか、まぁ、まず、がっつり全体に仕掛けてから、ちまちま変えていく、という感じですか。

まぁ、Power 1/2 とか Soft とか、いろいろ試した挙句、結局、Native に落ち着くという感じなんですが、まぁ、Power 2 とかがうまくはまる場所にははめればいいんですが、Native 縛りをする場合、あえて、要所要所でいーべっくを意図的に外すという選択肢もありかもです。

というか、そもそもの話、別に特段、いーべっく使わない、素の状態でも、V2 とは別人さんなルカさんの波形が得られますので、それで縛ってもいいし、要所要所にエッセンスとして入れても、という感じですか。

で、VOICE COLOR については、まぁ、まだ、全部試せてないですが、とりあえず、VOICE RELEASE については、
まぁ、なんというか、基本、やっぱり、セオリー通り、ある程度の長さの休符の前に SHORT で入れると、いい感じなんでしょうか。そもそも、ブレスは、V2 時代から入れてるわけで、いまいち、差が分からないので、なんというか、もっと、活かしてあげたいんですけど・・・。

子音拡張ですけど、これ、素の状態で十分強いのに、さらに強くしてどうするの?という気がしてならないのです・・・。

で、総合的に言えることとして、よくよく考えてみると、ここまで書いたのって、全部、V2 時代でもふつうにやってたことなんだよなぁと・・・。ブレスも入れてるし、ダイナミクスカーブもきっちり入れてるしなぁ・・・。

クロスシンセシスで強さをコントロールとかって記述もあったりするんですけど、いまいち、恩恵に与れてない気が。一応、今回も、EVEC 版と非 EVEC 版でクロスシンセシスしてますが、正直、たかだか数時間程度さわっただけじゃあわかりません。

で、HARD な V4X ルカさんの特徴に、高音域になると波形が変わっていくというのがあって、結構、これ、真剣に、これから先、どうしようかという感じです。

最初から V4X ネイティブで調声していれば、別にどうってこともないんですが、V2 調声ベースでいく場合、
低・中音域については、ほぼ、V2 時代と同じ感覚でいいんですが、高音域が、どうにもこうにも別波形なんですよねぇ・・・。

まぁ、こんなことしてて、本当に、新曲に、 V4X ルカさんを参加させられるのかどうか、暗雲ばかりが立ち込めてる今日この頃です。

とりあえず、しばらくは、高音域対策を考えようかと。

では

ツイートツイート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です