C93 お疲れ様でした&今後の活動方針

本日 #C93 1日目にご来場いただいた皆様、CD を手に取っていただいた皆様、ご購入いただいた方々、そして、参加者の皆様、本日はありがとうございました、そして、お疲れ様でした。

2日目以降も参加されるという猛者の方々は、どうぞ、お体を壊されることのなきよう、ほどほどに戦場を生き抜いてくださいませ。

今回委託頒布しましたのは、コミケでは新譜となる 4th アルバム「聖杖携えし少女 静かに舞い降りぬ」(piano concert ver.) でございます。

歌詞も付いてもおりませんし、メロディラインから情景を思い浮かべろと言われましても、そんな無茶な、という話ではあるかと思うのですが、モチーフになる長編小説の各要所要所の場面をイメージして作られた曲です。むしろ、曲が作りたくてわざわざ小説のような何かを起こしたという説もございますが。

正直、前回書き尽くした感があるので、また長々と書くのもどうかと思いますが、まぁ、あれから2か月、ただいま、絶賛、次回作の生みの苦しみに囚われている最中でございます。

メッセージ性なんて大それたものを語るつもりはないのですが、それでも、しっかり背景をばっちりと、少なくとも本人だけは持っている曲の後に続くものを、どう作ればいいのか、正直、この2か月で、しっかりと忘れ去ってしまっているということを確認している今日この頃であります。

未だ次作となる 5th オリジナルアルバム、タイトルすら決まっておりません。いや、曲さえ書けば、むしろ、タイトルは自然と後から付いてくるのではないか?という有難い助言もいただきましたので、とりあえず、(仮)のまま、曲だけ書いてみるしかないのではなかろうかとも思います。

まぁ、昔から、波の浮き沈みの激しさを自覚しておりますので、そのうち、気分が乗ることもあるでしょう。

というわけで、次回作については、前回宣言したのと同様、「3拍子ワルツ縛り」という緩いコンセプトで作ってみようと思います。もう、その縛りさえ満たしていれば何でもありという・・・

あ、唐突ですが、こんなニュースを見つけてしまいました。

なんということでしょう、締切が明後日までとなっております。

これで来年より、私も張れて、キュゥべえす屋さんにジョブチェンジということになります。

まぁ、これで何か劇的に変わるような気が、そこはかとなくしなくもないですが、
ゆるーくご期待いただければ、それに沿えるよう頑張って参りたいと思います。

と、まぁ、そんな感じでそろそろ締めようかと思います。

では、最後になりますが、よいお年を。

ツイートツイート