M3-2017春 新譜「背中合わせで居られた日々を」について

残り10日となりましたが、#M3-2017春 が開催されます。東京流通センター 第二展示場 う-28b Flowlight Music にて委託頒布予定となっております。

というわけで、twilight serenadeyukki-ts でございます。

本ブログが長いこと閉鎖状態になっていたのが、息を吹き返したようなので、早速ですが、告知を。

背中合わせで居られた日々を

頒布物についてですが、前回の M3-2016秋 の新譜に続く4曲が収録された 7th オリジナルピアノコンチェルトシングル「背中合わせで居られた日々を」[MP3] となります。

曲紹介については、ほとんど、こちらの動画でやっているのですが、改めて文章で起こします。

背中合わせで居られた日々を

第5, 6幕メインヒロインのテーマ曲。次の曲と一続きで、曲中にとある3人の登場人物をイメージして織り込んでいます。
1つ前のシングルに収録していたような暗い感じの曲調から一転して、ゆったりほんわかで幸せそうな柔らかい曲に仕上がったような気がします。  
とはいえ、途中で、不穏な転調をする曲でもあるのですが。

誰より大切な人と共に

第5幕のとある場面で流れる劇中歌。
オリジナル VOCALOID デュエット曲であるところの one’s best partner の原曲で、本来はこの娘の歌でもあります。
実際のところ、この曲のアレンジだけで、VOCALOID デュエット/インスト版、ピアノソロ/デュオ版と、やたらたくさん書いてきたイメージがあります。

深き森と湖畔の神々

第4幕終盤から登場するもう一人の娘のテーマ曲で、
これも、3人の登場人物をイメージして一緒に織り込んだ曲です。
始まりから途中まで穏やかな感じの曲調で進行していきますが、それぞれのモチーフを変奏しつつ、テンポアップしながら高まっていく感じが個人的には大好きです。

遠き日の記憶

ピアノコンチェルトアルバムの最後を飾る曲で、背中合わせで居られた日々を幼き記憶と明日への誓い深き森と湖畔の神々聖杖携えし少女 静かに舞い降りぬ の順番に、この曲のモチーフをロンドで織り交ぜながらメドレーしている感じの3拍子ワルツです。

で、まぁ、去年から制作が続く、今回の 4th オリジナルピアノコンチェルトアルバム「聖杖携えし少女 静かに舞い降りぬ」なわけですが、まぁ、物語性のある曲が書きたいが故に始めたゲーム制作計画(絶賛頓挫中)の中で副産物としてこしらえられた長編小説をモチーフとしています。

で、昨年の隠れ抱負だったところの、萌えっ娘描きたいな計画については、DCGAN face generator demoという強力な現代人の文明の利器を使って、着々と水面下で進行しております。せっかくなんで道を逸れますが、一応、全10曲、それぞれにゆかりのある娘たちを、絵で起こしてもらいました。いや、やってることは、クリック連打と、果てしないスライダーの調整の連続なわけですが、意外と重要なのは、どんな娘になって欲しいのかという強いイマジネーション力だというのを、強く感じました。

まぁ、また、直前になったら、もう一度告知しますので、とりあえず、長文もそろそろいい加減終わろうかと思います。

というわけで、30日に会場でお会いしましょう。どうぞ、よろしくお願いいたします。

では

ツイートツイート