【巡音ルカ・初音ミク】 plumeria corsage 【VOCALOID オリジナル】公開開始のお知らせ

[twilight serenade] のキーボード屋担当 yukki-ts でございます、こんにちは。plumeria corsage で絶賛公開中ですよ!見てくださいね!

というわけで、まぁ、3rd アルバム [december inspiration] 制作にこれで本格的に入ることになります。
いや、なりますとか言い切ってますが、まぁ、現時点では残念ながら、事実上の開店休業中というわけなんですが。

一応、まぁ、C88 にてこの曲については、4th シングルという形で無料頒布させていただいた曲です。

1週間にして既に再調声が掛かっていたりするのですが、まぁ、アルバム収録までにどうせまた調声が掛かります、同じことかと。

そういえば、少し困っていることがあって、
前回の [strawberry labyrinth] の場合、曲がりなりにもアルバムのコンセプトって決めてたんですよねぇ、
キラキラエレクトロポップチューンとか、まぁ、適当に、カタカナ並べて。

今回の 3rd アルバムって、元々は、ベストアルバムという看板を引っさげていたんですが、
それを立て下ろしてしまったが故に、このアルバム、明瞭なコンセプトが希薄なんですよねぇ・・・。

まぁ、どうせ、何かジャンルを付けているわけでもなければ、インストゥルメンタルでもないわけで、
作風を一言で言えと言われましても、どう言えばいいのか。

とりあえず、まぁ、この曲についていくつか。

曲自体は、ピアノソロのモチーフから起こしています。まぁ、小さなプロムナードとかもそうなんですが。

歌詞自体は、いろいろ考えたんですけど、結局、まぁ、夏色というか、海というか、そういうのをテーマに
つらつらと書いてみたものです。
まぁ、これで通算 21 曲目ということになるわけですが、相変わらず、誰が誰に対して何を伝えようとしているのか
想像して補完してもらうことを強いる、不親切設計になってますが。

そういえば、この曲、caffe latte に続く、2曲目の歌詞中に人称代名詞がある曲になります。
歌詞に入っているとわざわざ書く文字のカテゴリとして間違っている気がしますが、まぁ。

インストゥルメントとしては、いつも通り、Apf. とドラム、ベースとストリングス、で、今回のアルバム収録曲中だと
やたら率が高いものとして、ビブラフォンなるものを入れてます。

まぁ、1st アルバムの [twilight serenade] の時は、SC-8850 っていう Roland のハードウェア音源を使ってたんですけど、
なんというか、GS 規格っていう、もう、最近の人には知られていないんだろうなぁ、というような MIDI 規格で起こしていた、
あの頃って、まぁ、要するに、楽器の種類って、ハードウェア音源の中に入っているもの、それが全てで、まぁ、
なんというか、ある意味、そこからインストゥルメントを選んでいくという話だったんですよねぇ。

まぁ、よくも悪くも、SC-8850 の音はどこまで行っても SC-8850 の音なわけで、
個人的には、じゃあ、ピアノの音に古いとか新しいとか、関係あるのか?とは、いつも思うのですが。

結局のところ、現代の風潮というか、そういうのに乗っかるためには、現代っぽくないエッセンスを
おしなべて排除しなくてはならないという考え方自体は、まぁ、その通りだとは思うのですが。

そういう意味から言うと、まぁ、このアルバムに関わらず、作風全体のコンセプト自体が、まぁ、
現代の潮流に乗り遅れてしまった人による、どこか懐かしい、ノスタルジックな、昔ながらの、
というのを、意図的なのか意図せずなのにかは知らないのですが、まぁ、出せていけば、というか、
出してる風を装うのでいいんじゃあないのかと、個人的には思ってます。もう、それでいいやと。

特に悪いこととも思わないんで、後ろ向きでもなんでもないんですが。

で、この曲について。

一時期に比べれば、変わったコード進行もなにも使ってない、言ってしまえば平易な進行を使ってます。
もう、なんというか、新鮮な驚きだとか、そういうのを、コード進行に求めなくてもいいかなぁと。

V4X ルカさんを採用する2曲目の曲になります。まぁ、高音域だとか、摩擦音だとか、いろいろ考えないといけないのが
あるわけですが、まぁ、これも、少しずつ手を掛けて調べていくより他ないかと。

言いたいこと、いろいろあったはずなんですが、まぁ、そもそも、既にラジオとかでも喋った気もしますし、
あらためて言うネタも特にないかなぁと。

まぁ、そんな感じです。

では

ツイートツイート

C88 お疲れ様でした – 今後の活動指針について

C88 参加の皆様、暑い中お疲れ様でした。また、委託先サークル [Flowlight Music] に訪れていただいた皆様、手に取っていただいた皆様、持って帰っていただいた皆様には、感謝するばかりです。ありがとうございました。

当日、多方面に対して至らぬところばかりで猛省するばかりですが、今後の糧とさせていただきます。どうか、見捨てないでいただければと心より切に願うばかりです。

というわけで、yukki-ts@twilight-serenade でございます。

ところで、本来であれば、今年の初めに宣言していたことではあるのですが、
一身上の都合により、当初の予定通り、楽曲制作、及び、その周辺に関わる活動から、本日より身を退こうかと思います。

・・・身を退こうかと思いますといいつつはじまったはずの 2015 年。前半をずるずると過ごした体たらくが、その、今なのですが、今思えば、前半は楽曲制作に割り当てられる時間の余裕が、掃いて捨てるには流石に惜しいほどですがあったわけで、何をやっていたのかと心より思うばかりです。

というわけで、続きまして、次の新譜となる予定であるところの 3rd オリジナル VOCALOID デュエットミニアルバム [december inspiration] の制作展望について。

・・・身を退くと言った舌の根の乾かぬうちに何を言い出すのか?とは思うのですが。

当初の計画ですと、1st/2nd 及び、頒布済シングルからのベストアルバムにする予定でしたが、上述の通り、完成を待っているといつになるか分からないなどと言った理由により、計画が頓挫、見直しとなりました。

3rd/4th シングル、「小さなプロムナード」「plumeria corsage」とタイトル曲を含めた新曲4曲、及び、1st アルバム 「twilight serenade」 からアレンジバージョン2曲の計6曲を収録する予定です。

1. december inspiration
2. cute voice – december inspiration mix
3. plumeria corsage
4. 小さなプロムナード
5. caffe latte – december inspiration mix
6. 2人きりの雪路で

実際のところ、5曲目までは既に完成しておりますので、残るは1曲です。
計算上、通算24曲目となるオリジナル VOCALOID デュエット曲なのですが、これが事実上、ルカさんとミクさんのデュエットとなる最後の曲になるかと思います。まぁ、なるかと思いますと言ってるだけで、きっとそうはならないかとは思いますが。

まぁ、制作活動を停止すると言いながら、WEB サイトなり、WEB ラジオなり、ツイートなり、ニコニコ動画なり、SoundCloud なり、場合によっては、YouTube なりでこそこそ何かしてるはずなので、暖かく見守っていただければ、本人、大変悦びますので、よろしくお願いいたします。

それでは、最後に繰り返しになりますが、C88 参加の皆様、当日大変お世話になりました、サークル [Flowlight Music] 関係者の皆様に、感謝の言葉を。本当にありがとうございました。そして、今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

では

ツイートツイート