sweet flower 2014 – piano solo ver. 公開開始のお知らせ

12 年越しのリメイクです、yukki-ts@twilight-serenade でございます。

なんというか、原曲は、かれこれ 12 年前、というか、13 年前の時点で、原曲のそのまた原曲が出来ていたんですが、この度、発表することに急遽なってしまった、ピアノソロミニアルバムの収録曲として、ピアノソロバージョン を急ごしらえしてみました。まぁ、ミニアルバムはなくとも、どちらにせよ、2nd アルバムのラストを飾る曲なわけで、どちらにせよ、リメイクすることは確定していたんですが。

モチーフ付きの曲が軒並み移調されてるのに、結局、原曲通りの調になりました。
思い入れが深いというか、まぁ、流石に 12 年も置いておけば、もう、この調で完全に固定イメージが付いているわけで、いろいろと考えたんですが、原曲の調で収録します。

まぁ、モチーフ付きの曲とは違って、今回は、純然たるリメイクなんで、楽譜起こしも楽なら、弾き直すのも楽でした。特に、この曲の場合、当時、楽譜なしの状態で弾いたモチーフから起こした曲なんで、弾きやすくできてるというのもあるのですが。

sweet flower 原曲といえば、特徴的なのが、中間部の転調部分なんですが、断腸の思いでカットしています。いや、インストゥルメンタルな楽曲ならなにをやっても許されますが、ボーカルが付きますんで、最低限の体裁は保たないといけないわけで・・・。

とはいえ、冒頭部分も、終止部分も、原曲をほぼそのまま踏襲しています。いや、要所要所のコードライン、メロディラインは、ほぼ踏襲しているので、正直、原曲と何が違うって、音色が SC-8850 から TruePianos に変わっただけのような気もしなくもないです。一応、細かい音の追加とか、コードの修正とか、いろいろやってますし、原曲と聴き比べれば、対応するところはあるけれど、順番が入れ替わったり、繰り返したりとか、いろいろと変更しています。まぁ、テンポも変えてない割に、原曲から2秒だけ長くなってはいますが。

1番のサビ部分は、原曲では繰り返しなしな上に、本当にその1回しか使ってないのですが、今回珍しくサビを大切に扱ってます。2回繰り返し、中間部以降でも1度弾いてますし、これは自分でも驚いているんですが、本来、原曲の転調部にあった、コードも全然違うサビに準じるモチーフを、無理矢理、コード進行ごと書き換えてそのまま使ったものを、2番サビとして採用しています。まぁ、VImaj7 が Im に変わるという、いつもとは逆方向のコードの変更なんで、もちろん、合うには合うんですが。

まぁ、12年目のリメイクということで、感慨深いものはあるんですが、まぁ、大して 12 年前とピアノに関するもろもろは、特段変わってないなぁというのが、弾いてみての特徴ですね。もっと、劇的に上手くなってるとか、そういうのがあってもいいとは思ったんですが。

で、件のピアノソロミニアルバムですが、前回書いたことと違うんですが、どうも、4曲収録になりそうです。もはや、アルバムでもなんでもないというお話ですが。

1 曲目と 4 曲目は、純然たるインストゥルメンタル由来の anxiousness と Vergissmeinnicht で、2, 3 曲目はそれぞれ、アルバムのラストを飾る、one’s best partner と sweet flower のピアノソロバージョンを収録しようかと思います。

次回更新は、ピアノソロミニアルバムの詳細が出来るか、lapis lazuli オフボーカル版か、dreamin’ waltz オフボーカル版か、多分、どれかができたら、ラジオ収録と一緒にやるつもりです。

では

ツイートツイート

C86 お疲れ様でした

というわけで、C86 お疲れ様でした。yukki-ts@twilight-serenade でございます。

本日ご来場いただいた皆様、サークル参加の皆様方、無理矢理押し付けた皆様、というか、無理矢理押し付けたお客様しかいらっしゃらないような気もしないでもない、っていうか、するのですが、お疲れ様でした。

何かの気の迷いで聴いていただいて何かを感じてくださった方がいらっしゃれば幸いです。

さて、次は秋 M3 ということで、当然ながら、2nd アルバムは全く間に合わない・・・ということで、どうやら、ピアノソロ6曲というノルマを達成しなくちゃあならなさそうな悪寒です。

もちろん、それと同時並行で 2nd アルバム制作はするわけですが。

で、6曲というのは、はてさて、どうするべきか。

とはいうものの、そもそも、候補曲数えてみると、意外とすぐ6曲集まるんですねぇ・・・。

1st アルバムでいうと、ラストの one’s best partner とか、7 曲目の childhood friend syndrome とか。
2nd アルバム収録曲の先行リリースで、lapis lazulidreamin’ waltz とかは、出せるかも。

あとは、ガチのインストゥルメンタルと言えば、anxiousness とか、
あるいは、公開してないけど、anxiousness と同じ路線で、ミヤマヨメナの同時期に作った
お花シリーズの中から Vergissmeinnicht とかも使えるかなぁ・・・。

あれ、出来ちゃった・・・。

・・・どうやら、秋 M3 はピアノソロを出すみたいです。

とはいえ、バッキングなら、2声で十分なわけですが、ソロってことになると、3声いるんですよねぇ・・・。腕が1本ほど足りないわけですよ。誰か貸してくれないかなぁ・・・、腕。

え、一発録り?

・・・無理でしょ。

まぁ、そんな感じでしょうか。

ま、とにかく、お疲れ様でした。

ではでは

ツイートツイート

新譜「陽の落ちる刻まで」クロスフェードデモ公開のお知らせ

というわけで、やっとこさどっこいさ出来ましたよ、マスタリング。yukki-ts@twilight-serenade でございます。

で、クロスフェードデモなんですが、とりあえず、特設サイトからいろいろリンク張ってるのでそちらへどうぞ。

なんというか、公私ともにあまりにも多忙すぎて、ただでさえ進捗が遅れているのですが、WEB ラジオももうしばらく収録無理です。

一応、今回も、ボーカル付きの曲については、サビ周辺のクロスフェードを公開し、
オフボーカル版については、フルで公開しています。

いや、妥協につぐ妥協で、正直、今回のマスタリングは失敗作です。いや、失敗作でなかったマスタリングが今までにあったのかと問われると、弱るのでそっとしておいてくれるとありがたいのですが。

WEB ラジオの収録も出来ないので、珍しく、今回の新譜について。

まず、ミヤマヨメナが、SC-8850 フリーになって、今回初めてとなる、RealStrat の投入が実現しました。

まぁ、マスタリングと言いながら、事実上、ほとんど作り直しに近かったんですが、
まず、作業をしながら思ったのが、これ、こんだけのスペックを積んでるはずの PC でもまともに動かないのねという・・・。
まぁ、SONAR 先生が原因という可能性が大だと思うのですが、いやいや、ツインギター + ベースの計 16 パートに全力でオーバードライブやらコンプやら挿してリアルタイムで動かそうというのがまず、ダメなのではないかと。

とりあえず、今後も、レコーディングについては、SC-8850 老師の助力を仰ぐことになりそうかなぁと。

で、肝心のマスタリング不調の件についてなんですが、どうにも、思ったようなマスタリングに仕上がらなくて、はてさて、今までどうやってマスタリングしてたんだろうと、もう何もかも信じられない病を罹患してしまい、結局、今日の今日まで放置した結果、まぁ、そういうこともあろうさね、という諦めの境地に至ったというのが現状です。

あと、ジャケ写なんですが、いくらなんでもコントラスト上げ過ぎです。正直、眩しく過ぎて見つめられません。
ロケ地が、正直、沿線の人なら誰でも楽勝で分かるだろうって感じなのですが、細かいことは気にしません。

しかし、春風の通い路の時のジャケ写は張り切って調達に行ったような記憶があるのですが、
今回のジャケ写、実際、これを撮ろうと思って行ったわけでもなんでもなく、たまたま偶然撮っただけの忘れ去られてた一枚を、掘り起こしたという、なんというか、そういう奴なんですね。
実際、ダメでもともと、撮りに行く口実ができるじゃない!くらいの勢いで探してたんですが、いざ、すんなり見つかってしまうと、まぁこれでいいじゃない病を罹患してしまい、結局、今日の今日まで HIKIKOMORI していた結果、まぁ、そういうこともあろうさね、という諦めの境地に至ったというのが現状です。

とまぁ、全体的に、やる気が感じられないのですが、ぜんぶ暑さのせいだ。

とりあえず、今月、無事生き抜くことができるか、未だ不確定です。

ではでは

ツイートツイート